サイトマップ

航空券の種類

航空券は、鉄道チケットと違って色々と難しいことが多いです。もともと鉄の塊が空を飛ぶのですから、安い訳もありませんが、とにかく高価なものです。昔は海外旅行なんて言えば、大変なことでよほどの金持ちか、よほどの用事がなければ行きませんでした。今では気軽に誰でも行ける海外ですが、航空券は少しでも安く済ませたいものです。格安航空券での海外旅行は当たり前のようになりました。ツアーで行けば手間いらず、楽で安いのでお勧めです。自分で予約して購入する場合、航空券には何種類かあるので注意が必要です。

初めて購入する場合、何だが分かりません。まず、「正規航空券」ですが、全ての航空券の基本になるもので、一年間有効でどこで購入しても同額です。「IATAペックス航空券」は、エコノミークラスのみですが、IATA加盟航空会社の特別運賃で、後に述べるゾーンペックスや格安航空券よりも割高です。予約変更と経路変更は不可です。エコノミークラスのみの扱いとなります。「ゾーンペックス航空券」は、航空会社ごとの正規割高運賃です。それぞれに割引率を決めており名称もついています。

早期割引もありますが、発売期間や購入期限が決められています。予約変更と経路変更不可が多いです。「格安航空券」は名前のとおり格安です。ツアー用の団体割引券を個人に販売したのが始まりで、種類は様々です。それぞれに決め事が難しいですが、良く調べて合ったものを購入しましょう。

メインコンテンツ

その他のコンテンツ